SOHO初心者の方でも大丈夫!マンツーマン指導でスキルアップ!

2006年05月29日

姓名判断と名づけ 名前の由来とその他の多様性

姓名判断名づけ 人生は名づけで決まる!我が子へ〜

第10回目









名前の由来とは



名前の由来についても、文化的多様性や共通性があることが知られています。




大雑把に分けると、その文化圏で用いられている言語で何らかの意味を考えてつける文化と、その文化圏で伝統的に用いられている名前から選んでつける文化に人名選択の傾向が分かれています。




例えば今日のヨーロッパなどのユダヤ教・キリスト教社会では親の名前の一部を子の名前につけるとか、尊敬する誰か他の人の、既にある名前をとってつけられることが多いです。



ユダヤ人の間には、生まれた子に死んだ親戚の名前をつける風習がありました。ユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒は、聖書などの聖典に登場する古代の人物の名前(ポピュラーネーム)を子につける者も多いです(アブラハム、イブラーヒーム)。



キリスト教社会の洗礼名が特にこの性質を強く持ち、宗派によっても異なりますが、聖人、あるいは聖書やキリスト教の歴史の中で重要な働きを成した人物のが選ばれます。




しかし、これらの社会で受け継がれてきた名前も、古代においてそうした人名を考案した社会におきましては、そこで用いられた言語で何らかの意味を考えてつけられたものだったのです。




例えば旧約聖書に由来する人名はヘブライ語の(例:ヨハネ=ヤハヴェは恵み深い)、古代ギリシア人に由来する人名はギリシア語の(例:ピリッポス=馬を愛する)、中世初期のゲルマン人指導者に由来する人名はその時代のゲルマン語派の諸言語の(ウィルヘルム=意思と兜)意味を持っています。




漢字文化圏の日本では漢字の意味と、訓読したときの意味の両方を考慮して命名することが多いが、尊敬する誰かの名前にちなんでその名前をつけることもある。




同じ漢字文化圏でも逆に、韓国人ののように、他人が持っているを避けるケースもあり、むしろ漢字文化圏全体の伝統はこちらが主流である。




特に昔の中国では、皇帝の名前に用いられた字を使った命名をすることは重大なタブーでありました。

また、に代表される血縁集団名、家系名の由来にも様々なものがあることが知られています。生まれた土地の、職業、性格や容姿などの特徴などと結びついている例が多くの文化に見られます。



日本では苗字は別のものであり、苗字の多くは地名と結びついています。例えば田中、山本、小林、中村などであり、これはその家系が権利義務を有した土地のを家名にしたことが多かったためであります。




英語圏ではMcDonald(ドナルドの息子)やJohnson(ジョンの息子)のように始祖に当たる人物の息子という形の家名や、Smith(鍛冶屋)のようにしその職業にちなんだ家名、Longfellow(のっぽ)のように祖先のあだ名にちなんだ家名が目立ちます。





その他の多様性




また、苗字やの種類も文化によって大きく異なります。 日本人の苗字の種類は10万とも20万ともいわれ、世界でもっとも苗字の種類が多い民族とされています。




一方、中国人のは500以下であるとされる。最近の中国科学院の調査では、李,王,張,劉,陳がベスト5とのことで、特に李(7.4%),王(7.2%),張(6.8%)の3つで20%強(約3億人)を占めます。




ベトナム人は、最も多い3つので90%を占める。 韓国人のは、金(김)、李(이)、朴(박)、崔(최)、鄭(정)の5種類で55%にのぼり、「石を投げれば金さんに当たる」「ソウルで金さんを探す(無駄な努力のたとえ)」などという成句もあります。




一方、韓国人は子のをつける際に、基本的に他の誰も持っていないオリジナルなを与えます。




これに対して、ドイツでは「すでに存在する名前」しか受理されません。 フランスにおいても、ナポレオン法典の時代には、新生児のは誕生日ごとに決められた聖人の名前から選ぶこととされていました。




更に、多くの文化においては、正式な名前とは別に愛称、敬称などがあり、そのパターンは文化毎に異なっています。



そうした呼称は名前を省略したり変形して用いる場合もあり、名前ではなく帰属や当事者間の関係(父と子など)を用いる場合もあります。




独立・副業・SOHOに興味があるなら、まずは資料請求してみよう!


資料請求は無料です。


posted by ヤヨイ at 12:07| Comment(24) | TrackBack(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断と名づけ 名前の変更

独立・副業・SOHOに興味があるなら、まずは資料請求してみよう!


資料請求は無料です。





姓名判断名づけ 人生は名づけで決まる!我が子へ〜

第9回目




名前の変更




基本的には、人の名前は通常、慣習や法などによって決まっている部分()や生まれた時に両親などによって与えられ、それ以後変わることのない部分()のいずれか、またはその組み合わせから成ることが多く、生涯を通じて変わらない文化も多いです。だが、ここにも例外があります。




例えば、婚姻や婚姻の解消に際して、夫婦間のの変更が行われる文化があります。婚姻やその解消は親子関係の変更を含むこともあるため、子の名前の変更を伴うこともあります。




婚姻以外にも、人生の節目において、名前を与えられたり改めたりする場合があります。一部のドイツ人の間では洗礼に伴ってミドルネームが与えられ、以後はファーストネームではなくその洗礼名が頻繁に用いられることになります。日本でも、豊臣秀吉のように武士が元服や出世と共に名前を変えるケースがありました。









posted by ヤヨイ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断と名づけ 構成要素の順序






姓名判断名づけ 人生は名づけで決まる!我が子へ〜

第8回目


構成要素の順序とは



姓名構成要素の順序についても、民族、文化圏により異なることが知られています。



日本、中国、韓国、ハンガリーなどでは名前はの順をとり、フルネームで呼ぶ場合にはその順で呼び、フルネームを書く場合にはその順に書きます。



基本的には、その文化の言語においての修飾句と被修飾句の順によります。これは、こそが個人を表すものであり、はそれを修飾するものだと考えられるからです。



名前を書く際などに、その一部を省略することも多く行われています。英語圏ではミドルネームはイニシャルだけが記されることが多くあります。



スペイン語圏では、複数部分からなる姓の一部が省略されることもあります。ドイツ人のファーストネームは洗礼によってミドルネームが与えられると使われなくなることがありました。




独立・副業・SOHOに興味があるなら、まずは資料請求してみよう!


資料請求は無料です。

posted by ヤヨイ at 11:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断と名づけ 構成要素の数

独立・副業・SOHOに興味があるなら、まずは資料請求してみよう!


資料請求は無料です。


姓名名づけ  第7回目





構成要素の数とは





姓名の構成要素の数、すなわち、ある個人のフルネームが幾つの部分から構成されているかは、文化によって異なっています。



アメリカ大陸の先住民族など、個人を指す名前のみを用いる文化もあります。サウジアラビアのように、3代前にまで遡って4つの部分からなるフルネームを用いることがあたりまえの文化などもあります。



ブラジルのように一貫していない場合もあります。(これは、姓を持つ習慣が普及しつつあるけれども、完全に普及し切っていないためであると考えられます。)




また、親子の間での姓をめぐる取り扱いも文化によって異なります。子供が両親のどちらか、あるいは両方の名前を受け継ぐ習慣や制度があるかどうかは文化によって異なっています。



受け継がれていくのは姓に代表される血縁集団名、家系名であるとは限らず、姓を持たない文化においては、「大輔、英明の息子、雄大の孫」などといった形で名前が受け継がれていくこともあります。



インドでは、逆に「大輔、望の父」などといった形で、ある子供が生まれた時に与えられる名前に、その子供の子供の名前として使われるべき名が含まれているものもあります。





posted by ヤヨイ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

姓名判断と名づけ 人名の構造、使用とその多様性とは







姓名判断名づけ





人名の構造、使用とその多様性





人の名前は、多くの文化で、2つかそれ以上の種類の部分からなっています。



簡単な例を一つ挙げれば、その個人が属する「家」の名前と、その個人の名前です。多くの場合、「所属を示す名前」と「個人を指す名前」との2種類のいずれか、またはその組み合わせが用いられます。



だが、その数や扱いについては様々な習慣、制度が見られます。




独立・副業・SOHOに興味があるなら、まずは資料請求してみよう!



資料請求は無料です。
posted by ヤヨイ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断と名づけ 姓名とは






姓名(人名)とは、自然人すなわちヒト個人の名前一般を指す概念の事です。




現代日本での人の名前は姓と名からなるため、姓名とも呼ばれていますが、こうした構成を持たない社会も多いです。他に、名前、氏名などとも言います。




漢字文化圏においてと氏さらには日本における苗字は本来は互いに異なる概念ですが、今日では同一視されています。




日本でも明治維新以前は氏(ウヂ:本姓)と苗字に代表される家名は区別されていました。は名前とも呼ばれています。





人名は、人々が互いを認識し、指示し、コミュニケーションをとる際に使われます。




ただし、法律上の姓名がそのまま用いられる場面は限られていて、名前を元にした呼び名、あだ名、敬称との組み合わせなどが用いられることも多いです。




非近代社会ではしばしば真の人名は霊的な人格と不可分のものとされ、本名を実際に他者が口にして用いることに強いタブーを持つ社会が、多く見られていました。





名前と人間の関わりは古く、の使用は有史以前に遡ると言われており、などの氏族集団名や家族名の使用も西方では既に古代ギリシアなどにその形跡があると言われ、東方では周代から後世につながるや氏の制度が確立されていることが確認できます。




また、非近代社会においては様々な理由で幼児に名前をつけない慣習が見られる地域が多かったのですが、1989年に国連総会で採択された児童の権利に関する条約7条1項は、「児童は、出生の時から氏名を有する権利・・・を有する」と定められています。




posted by ヤヨイ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断と名づけ 姓名判断の流派





姓名判断の流派



姓名判断の理論の基礎的内容は熊崎健翁氏によって広く世に広められましたが、その後には熊崎流とは異なる理論を持つ流派も現出しています。



熊崎流では漢字の画数を戦前の字体である旧漢字の画数でカウントする方法を取っていて、それは多くの姓名判断の流派で採用されています。



一方で、新漢字は戦後の字体である新漢字のままで画数をカウントする流派も現れてきています。



桑野式姓名判断は熊崎流とはその理論的内容において一線を画していて、天格・人格・地格・外格・総格の五格の他に独自の4つの格を加え、また独自の精緻な理論を持っています。




本名熊崎健一郎、還暦を迎えて戸籍上でも熊崎健翁と改名。 
熊崎式速記、熊崎式姓名学が有名です。




posted by ヤヨイ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名づけと姓名判断 五運とは





名づけと姓名判断


五運とは




天格(祖格)


姓の総画数の事です。霊数は加えません。 祖先運とも言います。晩年になるほど、影響力を強めます。 天格だけで吉凶は判断しませんが、姓と名の格数の関係が、姓名判断においては重要であるとされています。



人格(主格)


姓の最後と名の第一字を足したものです。 主運とも言います。 姓と名双方の画数を用いることからも、 姓名の中心、五運の中核を成します。


同一の格数であっても、姓と名からどのような画数が組み合わさっているかによって、その強弱が左右されます。 人物の内面を表し、家庭・仕事・そして、結婚運、中年期の運勢に影響を与えると言われています。



地格


名の画数の合計です。一字名でもその人の性格を表します。

霊数は加えません。

幼年期の運勢を表し、人物の成長過程に強い影響を与えるため、性格・才能・金運・適職、性的傾向に関与すると言われています。


外格


総格から人格を引いた画数です。

一字姓、一字名の場合はそれぞれ、霊数を用い1を足します。

姓も名も一字の場合は2を足します。

家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。

一字姓、一字名に霊数を加えます。



総格

姓名の総画数です。霊数は加えません。
人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、
晩年の運勢に大きく影響すると言われています。


霊数


一字姓/一字名の場合に足す数の事です。


凶数


凶意を示す数の事です。 ただし、姓名とは強弱の調和が最も重要であり、
姓名の一部に凶数を含むことが、一般的に「悪い」と解釈されるべきではなありません。

以下の数字: 2 4 9 10 12 14 19 20 22 26 28 46 50 54 55 59 60 62 64 66




posted by ヤヨイ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名づけとは?





名づけとは


現代の日本では、正式な名前は姓と名からなります。これは戸籍に登録されていて、新生児は出生後14日以内(国外で出生があったときは3ヶ月以内)に登録することになっています。(戸籍法第49条で定められています)。


名前は親や祖父母などが考えて決める場合が多いです。子供の名前を集めた本や姓名鑑定など占いの類を参考にする場合もありますが、出生当時の社会情勢が子供の名づけに反映されることも多い様です。



例えば、昭和10年代では戦時体制下を反映して男性の名前に「勝」「勇」などの名前が上位に見られましたが、戦後昭和21年以降になりますと「勝」は上位10位から姿を消しています。


昭和50年代以降は有名スポーツ選手やテレビドラマなどの主人公名が上位に見られるようになります(例えば、荒木大輔が高校野球で大活躍した時期には、「大輔」が流行しました。


松坂大輔もその一人とされています。)、女性の名前から「○子」が少なくなるなどの変化が見られます。


時代の変化と共に、名づけ
変わってきているのです。


子どもの名づけは一生の問題ですので、画数や文字の意味などもしっかりと勉強しておきましょう。




posted by ヤヨイ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断とは?姓名判断の由来






姓名判断とは、

人の姓名からその人の性格や人生の運勢、
適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、なりやすい病気など、
一般に運勢として総称される事柄について
解釈を与える占いの手法の一つです。


一般的に、人の姓名の字の画数から、五つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行います。


また、生年月日(人物の持つ本来の性質・役割)と、姓名の陰陽二気(身体的調和)、及び、姓名が発音されるときの音を五行に対応させた際の調和、八卦・九星などの数理との関係、さらには、姓名を文として解釈するところの意味さえも考慮して、総合的な鑑定を示すのが一般的と言われています。


これが姓名判断の由来と言われています。




posted by ヤヨイ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。